健康的にきれいに痩せる|ダイエット外来がある病院を訪ねよう

女性

ダイエットの注意点

ドクター

ダイエットを思い立って始めてみたものの、無理なダイエットでストレスがたまって挫折した経験はありませんか。もしかしたらそのダイエット方法は間違っているかもしれません。極端な食事制限などの方法は、リバウンドの可能性があるうえに継続が難しいものです。病院のダイエット外来を訪れる方も、様々なダイエットを試して挫折したという経験を持っていることがほとんどです。どのようなダイエット方法が身体によくないのかということをちゃんと確認しておきましょう。まずはメディアでも話題になった糖質制限ダイエットです。ごはんやパン・麺類などの炭水化物を一切摂らないようにする方法で、短期間で痩せることはできますが、反動で太りやすいというリスクもあります。お菓子などの甘いものも制限するので、ストレスがたまりやすくなります。女性の場合は生理不順になることもあるので、やりすぎはとても危険です。おやつを控えたり、夕食だけ炭水化物を摂らないようにするなど、少しだけ減らすようにするだけでも変わります。急に一切糖質を摂らないとなると身体にもあまりよくないので、様子をみながら少しずつ減らすようにしましょう。ほかにも、空腹をしのぐために水を多く飲むという人がいます。老廃物を身体から排出するためにも一定量の水分は必要ですが、飲みすぎも禁物です。飲みすぎてしまうと、逆に代謝を下げてしまうこともあります。そのため、むくみやすくなったりする可能性もあります。日頃から運動する習慣がある人は水を多めに飲んでも大丈夫ですが、そうでない人は多くても1.5リットルを目安に飲むといいでしょう。

ダイエットには運動がいいと思い、急にハードな筋トレやランニングを始めるという方もいますが、こちらも注意が必要です。日頃から運動をしている人は別ですが、そうでなければ急な運動は身体への負担が大きく、怪我などにもつながりやすくなります。急な運動は避け、最初はウォーキングから始めたり、筋トレも20回から始めるなど、少しずつやっていくことが重要です。身体を慣らしていけば、どんどん筋トレの階数を増やすなどしても大丈夫です。ウォーキング前にストレッチをしておくこともおすすめです。怪我防止のほかにも、脂肪を燃焼しやすくなる効果が期待できます。ほかにも、書籍がでるほど人気のダイエット方法がファスティングです。短期間の断食で体内環境をリセットして整えることができます。短期間で高い効果が得られるため、このダイエット方法を試す方も多いのですが、注意してほしいところがファスティング後の食事です。断食をしていると、身体は栄養が不足していると判断してしまいます。そのため、ファスティング後にたくさん食べたり、脂っこいものなどを食べてしまうと、身体が余分に吸収してしまうことがあります。血糖値も急激に上がるため、大変危険です。ファスティング後には消化のよいものを食べるようにし、カロリーも少ないものから少しずつ食べるようにしましょう。

ダイエットとなると食事制限を思い浮かべる人が多いですが、栄養バランスを考えた食事をするように意識しましょう。糖質や脂質が多く含まれているものを一切食べないなど、無理な食事制限はストレスがたまりやすくなります。栄養バランスも偏ってしまうため、肌が荒れたり、髪のツヤがなくなったりということもあります。体重を落とすということだけではなく、肌や髪の状態も維持したまま、きれいに痩せたいものです。ダイエット外来がある病院でしたら、食事指導も行っているため、苦に感じてしまうことも少ないです。病院でしたら、ストレスをためずに、効果的なダイエットを提案してもらえます。間違ったダイエットを継続して体調が悪くなったりすることを防ぐためにも、病院のダイエット外来で指導を仰ぐと良いでしょう。健康的に痩せるということを意識して、ストレスもためないようにダイエットに挑戦してみましょう。